events
workshop english
home news concept programme dancers tickets
 
NightofRoyalElegane 1 NightofRoyalElegane 2 NightofRoyalElegane 3 NightofRoyalElegane 4 NightofRoyalElegane 5 NightofRoyalElegane 6 NightofRoyalElegane 7
 
 
  Information  
 

両ロイヤル・バレエ団最高のスターダンサー達が、英国バレエの魅力がぎっしり詰まった夢の舞台をお届けします。
ライブシネマで世界を魅了した「眠れる森の美女」(パ・ド・ドゥ)から、クリストファー・ウィールドン(「不思議の国のアリス」振付家)作品まで一気上演!
1日にして古典から現代バレエまでの系譜とその未来、そしてダンサーの多様性までが見えてくる全バレエファン必見の公演です。お見逃しなく!
当日券販売のお知らせ

各公演、各券種ともに、開演90分前より「当日券」を販売します(料金同じ/リハーサル見学会を含む)。

※ お取り扱いプレイガイドでは、各公演の前日まで上記の「当日引換券」を販売しています。
※ ファンミーティングは、プレイガイドでは7日までの販売となります。
定員に余裕がある場合には、8日以降本公演の会場のみでの販売を予定しています。
但し、規定枚数に達し次第、販売を終了させて頂きます。何卒ご了承ください。

注)リハーサル見学会・ファンミーティングは、本公演のチケットをお持ちの方に限ります。
必ず、本公演のチケット(もしくは半券)をお持ち下さい。

出演ダンサー並びに演目変更のお知らせ:

出演を予定しておりました、平野亮一は怪我のため降板いたしました。 代わりまして、英国ロイヤル・バレエ団ファースト・ソリストとして多くのレパートリーを持つ、ベネット・ガートサイドの出演が決定いたしました。 ダンサー変更に伴い、以下の通り演目、出演の変更がございます。
「ロミオとジュリエット」→「コンツェルト」(振付:ケネス・マクミラン、出演:佐久間奈緒/ベネット・ガートサイド)
「レイヴン・ガール」→「瀕死の白鳥」(振付:ミハイル・フォーキン、出演:サラ・ラム)
「アスフォデルの花畑」(出演者のみ変更:ラウラ・モレーラ/ベネット・ガートサイド)

誠に申し訳ございませんが、どうぞご理解くださいますようお願い申し上げます。 尚、この変更によりますチケットの払い戻しは致しかねます。合わせてご了承くださいませ。

 
Dancers
   
  ラウラ・モレーラ
英国ロイヤル・バレエ団
プリンシパル
  サラ・ラム
英国ロイヤル・バレエ団
プリンシパル
   
  崔 由姫
英国ロイヤル・バレエ団
ファースト・ソリスト
  佐久間 奈緒
バーミンガム・ロイヤル・バレエ団
プリンシパル
   
  ネマイア・キッシュ
英国ロイヤル・バレエ団
プリンシパル
  スティーヴン・マックレー
英国ロイヤル・バレエ団
プリンシパル
   
  リカルド・セルヴェラ
英国ロイヤル・バレエ団
ファースト・ソリスト
  ベネット・ガートサイド
英国ロイヤル・バレエ団
ファースト・ソリスト
     
  ツァオ・チー
バーミンガム・ロイヤル・バレエ団
プリンシパル
   
Schedule
本公演 2014年8月8日(金) 19:00開演
  8月9日(土) 13:30開演
  8月10日(日) 13:30開演
日本青年館ホール (神宮外苑)    
リハーサル見学会 2014年8月8日(金)  14:00~
ファンミーティング 2014年8月10日(日) 17:00~
     
総監督:ジャスティン・マイスナー (元英国ロイヤル・バレエ団シニア・ソリスト、ダンス・ツアーズ・プロダクションズ代表)
照明・技術:サイモン・ベニソン (英国ロイヤル・オペラ・ハウス照明マネジャー)
Message from Justin Meissner

It gives me great pleasure to present to you ‘A Night of Royal Elegance 2014′

My aim is always to create a programme that will let the audience see each dancer in many different ways showcasing how versatile they are in their artistry and technique during the one show. Each item is carefully chosen by my wife, Laura Morera, to create a show that is balanced on displays of brilliant technique, humour and dramatic intensity to create an evening of pure artistry. This year’s ‘A Night of Royal Elegance’ brings to Japan some classic items loved by the audience, some unseen items ever seen in Japan before, some created on these particular dancers and some items that have thrilled the English audience continually that we hope will enchant the Japanese audience in equal measure with their display in elegance, drama and style that is the trademark of the home companies of all these dancers. If you love dance you should not miss this unique opportunity.”

On behalf of Dance Tours Productions I welcome you to join us for a true showcase of the British style and an unforgettable experience.

Dance Tours Productions
Director
Justin Meissner